読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXを他の金融商品と比較してみる〜初心者入門〜

FXを外貨預金と比較してみる

 

FXを外貨預金と比較してみると、

①24時間取引ができる

②取り扱い通貨が多い

③取引コストが安い

④少ない元手で取引ができる

⑤拘束期限がない

⑥有利で透明性の高いレート

⑦売りから入ることもできる

以上の7つが挙げられる。

 

今度はFXと株式投資を比較してみよう。

①24時間取引ができる

②倒産リスクやストップ安がない

③投資対象が選びやすい

金利収入がある(スワップ金利

⑤故意に動かしにくい

⑥注文方法が多い

レバレッジが活用できる

こちらも以上の7つが挙げられる。

 

ただ、FXを始めるからといって、FXだけをすると初めから決めてしまう必要はない。

いいものであれば、株式投資や外貨預金など他の金融商品も取り入れていけばよい。

 

まず実際にやってみることが大事!

 

FXをやる前から、あれこれ考えてもしょうがない。

興味が湧いたのなら、まず実際にやってみて、その後考えるという人の方が成功しやすい。

 

どんなことでも実際にやってみないとわからないことが多い。

自分の大切なお金を使うのだから、損失が出た場合のことを考えたり、十分に勉強してからやるという人も多いが、やってみてダメだった場合のリスクがそれほど大きくなければ、迷わず実践あるのみと私は思う。

 

外貨で運用するならFXが最適

 

もっと時間をかけて様々な金融商品とFXを比較していくと、どの金融商品も良し悪しはあるが、FXが外貨関連の投資商品の中ではダントツに有利であるということがわかる。

 

為替は最もグローバルな商品であり、海外の金融商品を扱う際には為替の問題は切っては切れない存在である。

 

もし日本の株式しか扱わないとしたとしても、世界の株式市場や経済状況、為替レートの動きが大きく影響してくる。

 

FXをやるということは、それらの状況を常に把握し続けることにもなる。

 

FXで得た知識と経験は、今後どのような金融商品を取り扱うにしても欠かせない経験となるはずである。

 

FXはいまや、投資の必須科目にまでなろうとしている。

 

ブログランキング参加中!!


人気ブログランキング

 

↓↓サンボルFXおすすめ【JFX!!マトリックストレーダー】↓↓

↓↓サンボルFXおすすめ【DMMFX】↓↓

↓↓サンボルFXおすすめ【GMOクリック証券】↓↓